お灸で腱鞘炎の治療は出来る?

腱鞘炎の症状も治療も人それぞれ

手首の腱鞘炎
一般的に腱鞘の炎症が起きて腱の滑りが悪くなる狭窄性腱鞘炎が多く、その痛みは「お灸が効く」といわれています。

症状にもよりますが、お灸で腱鞘炎の痛みが治まることの体験談も良く聞きます。

しかしながら、腱鞘炎の状態によっては、腱や腱鞘に炎症が起きている場合もあります。

そういった場合は、整形外科で根本的な炎症の原因を確定し、その炎症を治さなければなりませんし、炎症が治まるまで安静にしていなければなりません。

そのため、まず体内の炎症を抑えるお薬として、ステロイド治療の効果が高く一般的に使用されます。

痛みのひどいときは、錠剤ではなく、ステロイド注射をする場合もあります。

ステロイドとは、副腎ホルモンの一種で、ステロイドホルモンを注射することで、体内の炎症や免疫力を抑制する働きがあります。

但し、副作用がありますので、医師の指導の許注意深く行わなければなりません。

やはり、ステロイドと聞くと抵抗がある人も多く、船橋 整体や鍼灸院などでの治療を求める方が来院していることも事実です。その症状に合った治療院を調べてから行きましょう。必ずしも良い先生・合う先生に治療してもらえるとは限らないので過度の期待をしていくと物足りなさを感じてしまうので合うか合わないかを無料相談等があるところへ行くと良いかもしれないですね。

現在、薬剤治療よりも、自然治癒力を高めるような治療を視野に入れる方も多くなってきました。

びっくりするのが、患者さんから「自然治癒力を高めたい」という意思のもと治療法を選択できる世の中になってまいりました。

今や治療法は様々です

長野県佐久市の整体ではその他、筋肉線維を少しでも軟らかくして筋肉繊維の伸縮を良くして、腱と腱鞘の滑りをよくするために、電気療法・温熱療法を行います。
長期間で固まってしまった筋肉を一度で完全にやわらかくするのは難しいですが、数を重ねていくことでより良い状態にしていくことは可能です。

電気療法や温熱療法は血行を良くすることで、筋肉のこりを解し、腱や腱鞘を軟らかくすることで、伸縮がよくなって、腱鞘炎の痛みの原因を緩和できるのです。

電気治療とは、マイクロウェーブや超音波やレーザー光線を使った温熱刺激で血流を良くし、筋肉を解す治療方法です。

また、日常的な家事でも炎症は悪化しますので、安静を保って、自然治癒を待つという方法もあります。

方法は、テーピングや装具をつけて、手指の関節を動かないように固定する治療法ですが、自然治癒にも限界があります。

そのため自然治癒力を高める治療法などもうまく取り入れるといいですね!http://www.motomachi1.com/自然治癒力が高まると、からだ全体のバランスや調子も良くなり悪いことは一つもないです。

腱鞘炎の投薬治療だけでは、痛みは治まっても副作用が激しいので、投薬治療は最小限にして、温熱療法・電気治療・お灸を併用して治療を進めて行くことも良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ